トップページ | 2004年2月 »

2004.01.31

ラーメン・BOO

三軒茶屋で豚骨ラーメンの店に入る。ラーメン・BOO。
豚骨(九州)といりこ・昆布(北海道)とのダブルスープ
のラーメン。豚骨の中にほのかな魚の風味が広がり
おいしかった。具の行者ニンニクも元気が出てくる。
替え玉を頼み、じっくりと味わった。
らーめん ぶぅBOO

店を出て、三茶をぶらぶら。頭の中のBGMは
加藤あすか「三軒茶屋」”雨の三茶~”。
かとぅさんは家電の三軒茶屋と言っていたけど、
確かに電気街って雰囲気がある。小さい店が多くて。
何気なく立ち寄った中古屋で、
小林直「たくさんのキス」を92円にてゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高山まゆみさんのレコ発ライブに行く

情緒に満ちた切なく心地よいメロディ、
北海道出身のシンガーソングライター
という触れこみに誘われて、生歌を聴きにいく。

高山まゆみ(Vo)、宇田隆志(Pf)、奥野健太郎(Gt)
(1st)
01.WHITE SNOW(ピアノソロ)
02.WHITE SNOW
03.DEEP
04.MAGIC OF LOVE
(2nd)
05.(ピアノソロ)
06.DISTANCE
07.NOTHING(オケ)
08.WHITE SNOW(オケ)
09.EVERLSTHING LOVE
E1.NOTHING

歌声はやや男声っぽい感じで、特にインパクトなし。
平均的にいいというか、平凡というか、といったところ。
1stステージは”緊張してのどがカラカラ”と言っていた
とおり、声が乾いて出てこなかった様子。2ndでは、
立って歌ったってこともあってか、
ややしっとりと声がよく出ていました。
結局、印象に薄いのでCDは買わず、でした。

高山まゆみーひらひら舞う雪のように
想う空間をあなたと過ごしたい。
そして切なく愛のメロディを伝えたい。
(フライヤーより引用)
シンガーソングライター「高山まゆみ」のサイトは音楽活動
AtoNO Records Recomend

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急・横浜−桜木町、廃止

昨夜、高島町から桜木町まで最終電車に乗り、
廃止イベントにやじ馬参加してきた。
拍手、歓声の上がる、異常な盛り上がりだった。
我ながら、もの好きである。
で、今日は横浜でJRから乗り換えて渋谷まで向かう。
今日一日とはいえ、不便だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高島町駅にて

東急桜木町行きの切符を買うのに並ぶ。
01時07分発の最終電車に乗る客の列。
6,70人はいる。我ながらあほらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.30

沖縄そばを食す

高田馬場の沖縄食堂「ちゃんぷる亭」にて沖縄そばを食す。
前からこの前を通るたびに気になっていた。
今日は高田馬場・クラブフェイズで熊木杏里さんの
ライブチケットを購入するために来たのだ。
ちなみに整理番号7006。2・27が楽しみである。
さて、沖縄そばである。まず眺める。
スープが、さ湯のように透き通っている。
味はさぬきうどんよりもさらに薄い感じ。
これぐらい薄いスープは私、好きです。
奥ゆかしいというか。麺はちぢれで平べったい。
まるでさぬきうどんのうすあじを食べているような
感覚だ。これは西日本の薄口万歳!の方には
あいそうな味だと思った。それにしても
沖縄そばで連想したのは、柴草玲さんの
「沖縄そば屋のねえさんへ」だったのはなぜ?
柴草ねえさん、最近聴いていないな・・・
okinawa_soba.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀下さゆりさんのライブを見る

なんとなく東京駅まで堀下さゆりさんを見に行く。
駅構内の小さなスペースだ。堀下さゆりさん、
いつものように裸足で登場。黒の装いですらり。
堀下さゆり(Vo,Pf)
01.幸福の木
02.(セレナーデ)
03.ふるさとサイレン
04.風の通り道
05.オレンジ
つるつるしたむきたまごのような清楚さと
可憐な甘い歌声でした。ものめずらしそうに
ライブをながめる客は多かった。
さすが東京駅って気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.29

伊藤サチコさんのライブに行く

人から”Music Lab、楽しいよ”と月曜日にすすめられ
やってきました下北沢440。音の実験室らしく
フラスコやらビーカーが置いてある。

伊藤サチコさんの詳細なライブレポートは↓
伊藤サチコさんのライブレポート

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.28

奥華子さんのライブに行く

甘いウィスパーヴォイスが魅力の奥華子さんの
今年1本目のライブハウスでのライブ
奥さんには初めて会場となる原宿ルイードだから、
しっかり応援しようと思い、やってきました。

奥華子さんの詳細なライブレポートは
奥華子さんのライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.27

無線LANカードを購入

HotSpotYahooBB Mobileを使いたくて
無線LANカードを購入。早速、今夜設定をしてみました。
明日、会社近くのモスバーガーとマクドナルドとで
インターネットにつながるか、トライしてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.26

大木彩乃さんのライブに行く

寒い季節がぴったりの大木彩乃さんの歌声で
ゆったりした時間を過ごそうと、大人っぽいスポット
南青山MANDALAにやってきました。

大木彩乃さん、坂本麗衣さんの詳細なライブレポートは
大木彩乃さん、坂本麗衣さんのライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.25

池田綾子さんとしばし話す

終演後のお見送りの時、ゲストの池田綾子さんも
出口に立っておられたので、しばし話す。
”いやあ、10月の表参道FABを思い出しましたよ”
”ミヤコンとの出会いは、あの時だったんですよ。”
どうやら、あの超満員のflowerVoiceの時に
仲良くなったらしい。
”柏でクリスマスプレゼントにもらった映画の券で
見てきましたよ”
”どんな映画でしたか?、あったかいラブストーリー?”
”う~ん、どちらかといったら重い内容。
でも、言いたいことがよくわからない映画でした”
”まだ、やっているのかな?”
”いや、23日までだったみたいですよ”
”そうですか、すぐDVDになるだろうから、その時見てみます”
”原宿GIGZZOのライブにも行きましたよ”
”ありがとうございます。いつの?”
”この金曜日にも行ったし、伊藤サチコさんと一緒のときも”
”よく来ていただいているようで”
”10月の表参道FABから(ライブには)毎回行ってます。”
”ありがとうございます。”
”次のライブの予定はないのですか?”
”2月の下旬からHMVとかでインストアライブが決まるかと”
”柏で(bay-fmの)特番とかないでしょうか?”
”今のところ、ないです。”
”そうですか、次のライブ楽しみにしていますね”

と、こんな風のだらだらした会話でした。ははは。
でも、こんなに親しく話せてもらえるアヤコン、
いいひと、ですね。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川都さんのライブに行く

おなじみの歌種。ついに11回目です。
全回出席、継続中。なんとかね。
お友達紹介のゲストコーナーも楽しみです。

長谷川都さんの詳細なライブレポートは
長谷川都さんのライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.24

新潟の夜

魚が食べたくて、新潟の古町をぶらぶら。さかなや、というお店に入る。小さなお店だ。まだらのダラミのスープ煮。ぷりぷりした白子がおいしい。次に新潟名物らしい「ふなべた」の刺身。カレイみたいな魚。ヒラメをややぺったりした味。他に生ビールとおとおし三品で¥3200なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の下野街道を行く。

雪を見たくなった。金曜の夜。で、翌朝私は
東武電車に乗っていた。快速会津田島行き。
なぜって?掘下さゆりさんが”会津鉄道、
乗ってくださいよ”と話していたので、これも
何かのきっかけでしょ、ってことで。
下今市では快晴の下、くっきりと山だけが
白銀に輝いていた。それが峠を越え、
会津高原に着いた時一面雪野原であった。
日がかげる、見事に雪が積もった雪景色。
足のくるぶしまでずぼっと入る積雪量。
会津高原でスキー客をおろした電車は
少し走って雪の会津田島に着いた。
約3時間半。雪がはらはらと舞っている。

電車を乗り継ぎ、塔のへつりという景勝地に行く。
オーストリアのスリーシスターズみたいな
お地蔵さんみたいな岩が雪の中、静かに
立っている。ちょうど筍のように。
土産物屋で無料の味噌汁サービス。
ありがたくいただく。せっかくなので昼飯と
いきたかったが、冬季閉鎖でありつけなかった。
しきりに店主が申し訳なさそうに話す、
その気遣いがうれしい。こんなオフシーズンに
訪れた私なのに。雪が強くなってきて駅に戻る。
次に野上温泉へ行く。駅近くのえびす屋さん、
露天風呂は\500だった。”女湯に入ってください
あっ、大丈夫貸しきり状態ですので”と言われ、
いざお風呂へ。簡素な造りだ。
外気との衝立が1個所だけ開いていて
そこから雪景色の川原が見える。お湯の温度は
熱からず冷たからず、でも、浴槽から上がるとたちまち
冷えてくる。1たん入ると出るに出れない、そんな温度だ。
私は約40分、雪景色を見つつ、ゆったりとあったまった。
さて、飯は?駅前の雑貨屋でカップラーメン購入。
”お湯はいるだろ?箸もいるだろ?”いろいろと気さくに
気遣ってもらえる。なんだか土地の人のその優しさがうれしい。

再び、電車に乗る。トロッコ列車\300也。
ビールを売ってたのでお座席車両で飲む。風呂上がりに
うまい。電車は景色のよいところで止まってくれる。
説明を受けながら、ほろ酔いの私はいい気分。
13時半、会津若松着。雪が強い。

1時間待って、新潟行きの電車に乗る。阿賀野川くだりだ。
雪の白と水の黒と、そのモノトーンの風景が美しい。
この川のように両岸いっぱいに水がとうとうと流れている
川は好きだ。最上川、新宮川、四万十川・・・。
私はうつらうつらしつつ、時々席を左右移動しつつ、
新潟までの3時間の車窓を楽しんだ。すっかり日が暮れた。

それにしても雪を見て喜んでいる私、申し訳ない気もする。
そこに住んでいる土地の人からしたら雪なんて迷惑千万。
降らないほうが楽でいいのに。ああ、私はしょせん都会の
お坊ちゃまくんなのだろうか。新潟の夜、そんなことを考えた。
今夜は夜行快速の客になる予定だ。では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.23

成底ゆう子さんのライブにいく

原宿GIGZZOで行われた、NACK5 presents
Shooting Live Female Edition というライブイベントに行って来ました。出演者は、遠藤響子、入日茜、 池田綾子、成底ゆう子、OAしらいしりょうこ、でしたが、私が会場に 着いたときは入日茜さんのステージが始まるところでした。

詳しいライブレポートは↓
入日茜、成底ゆう子、池田綾子、遠藤響子のライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.22

謝甘記の中華粥

お昼休み、ちょっと足をのばして、中華街でランチ。謝甘記の中華粥を食べる。さらさらでやさしく腹におさまった。さすが評判がいいだけあって満足満足のおいしさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春節の参拝

横浜中華街・関帝廟の階段を上がって、
お参りに。入り口で、\1,000のジャイアント
ポッキーのような太くて長い線香を買う。
\500也.”来、1ガ。”中では中国語が
飛び交います。お堂の前の線香さしに
番号がふってあって、1から5まで
順々に巡ります。線香を固く握り締めて
お願い事を唱え、最後に3回おじぎ。
これを1から順に、5回繰り返し。真剣!
辺りには線香の煙が漂っていて
いかにもお参り場所、って感じ。いい。
次にお堂の中に入って、これまた
1から4まで順々に巡ります。
1番は関帝様。拝礼台に、膝をついて
合掌し、氏名・住所・生年月日を申告し、
お願い事を唱えます。次に頭を台に
こすり付けるように3度下げて祈る。
これは「ラストエンペラー」の世界だ。
こんだけ真剣に願えば、きっと叶うハズ。
3番目は恋愛の神。一番熱心に
お願い事をしました。ふふふ。
周りの同年代の女性が真剣に願い事を
しているのを見て、普段お参りしていない
日本人の私がひどく場違いな気がしないでも
ない。受付でも中国語で話しかけられたし。
しっかり参拝を済ませると、もう2時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華街から新年好!

中華街の関帝廟までカウントダウンに
行ってきました。10,9,8,,,,3,2,1,
新年好!ってことで爆竹が
パパパパパーンと派手に鳴ります。
続いてきらびやかな極彩色の獅子舞。
ジャンジャラジャンジャラと鐘が鳴る中
4組のかわいらしい獅子が練り歩く。
最後の見せ場、3段組には2度失敗して
3度目に成功!歓声に包まれました。
中国のお正月はやっぱり、はしゃいでしまう。
めいっぱいお祝いしている感じがする。
日本の正月の静けさとは違うな。
では、改めまして新年好!
以后請多多関照!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.21

映画「すべては愛のために」を見る

何が伝えたいのか、分からない作品でした。
病気や飢餓で苦しんでいる人がこの地球にはいるって
ことから目をそらさないで、というドキュメンタリー映画なの?
それは確かに重要な問題提起ではあるが、
「すべては愛のために」という邦タイトルからくるイメージと
その内容がまるでかけ離れていて、結局なんなんだ!
って、ことになってしまいました。
ここの愛は人類愛を刺すのでしょうか?
金持ちの女が夫や子供を放っぽといて、難民キャンプで働く志高い
青年医師の元へ走る不倫の愛、これを「すべては愛のために」と
語るとしたら、お笑い種でしかない。それに、
エチオピア、カンボジア、チェチェンと同じような展開に、
後半は退屈した。ただ、最後の”カチッ”と踏んでしまうシーン。
衝撃的でした。
これを金払って見たとしたら後悔したかもしれん。
今回は池田綾子さんからのクリスマスプレゼントとして
いただいた劇場鑑賞券で入ったからいいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.20

Minoriさんのライブに行けなかった

Minoriさんのライブを見に、四谷コタンに行く予定だったのだが、
仕事が長引いてしまい、行けなかった。ちょっとだけ残念。
たまには新規開拓ってことで、試聴していいかも、と思った
Minoriさんを初めて見ようと思ったのにーー。
どうも1月はライブ行きそびれがちである。
シンガーソングライターMinori(前野みのり)さんの公式ホームページはMinori's page

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.19

雨の月曜日

月曜日ってだけでも、う~んだるいと思うのに、
雨まで降られると、なんともだるい。雨だから、
早く家を出なきゃ、と思いつつ、布団でぐずぐず
してしまう。会社にぎりぎり間に合う予定のバスに
乗った。こういう場合、間に合わなくて遅刻すると、
ついついバスが遅いせいにしてしまうのは、
人間心理なのかな。遅れたのは、
自分がぐずぐずしていたからなのに。
そういえば、「WiLSONと一緒」に投稿した、
あったらいいな、”お天気目ざまし時計”
私は早く起きられてもだめかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.18

Piano&Woman(夜の部)

引き続き、Piano&Woman(夜の部)です。
場所をアメリカンバー・カーバンクルに移してのライブ。
コヤマさんのワンマンライブの時よりやや人多し。

詳しいレポートは↓
真理、USU、谷口美雪、コヤマナオコのライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田で中古CD

町田の中古CDは充実していて、お勧めである。今回も夜の部までの時間を利用して、町田で中古CD探し。まずブックオフへ。今一つ。オスカー。特に無し。D.C.D.へ。ここでワンコインのViki「ちがうよ」発見、購入。おまけで、妃野アキラ「正しい場所」をゲット。小さく満足、夜の部カーバンクルへ向かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Piano&Woman

”四谷天窓がそっと夜空に放った十一のストーリー。
彼女達の歌声とピアノの音色が紡ぐ、癒しの空間”
(フライヤーより引用)のPiano&Woman
インストアライブに行ってきました。

詳しいレポートは↓
コヤマナオコ、峰香代子、谷口美雪、真理・ライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.17

奥華子「冬の宝石」

”空から落ちてくる冬の宝石、悲しみもすべて解かしてくれる~”
”誰か早く温めてよ、この冬が終わる前に~”
今夜の舞い降りてくる雪を見ながら、浮かんだのは
奥華子「冬の宝石」という歌だった。
”ふぅぅ~”と美しいハミングが聴こえてきそう。
yuki_no_yoru.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

berry@川崎は中止

でした。13時には雪やんだのに。会場でちょっぴり残念に思いつつこい寒いと仕方がないかな、とも思ったり。僕は川崎を後にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.16

奥華子「東京さぼてん」

雪が舞い降りてきそうな寒い夜。
ふっと、激しい孤独感に苛まれ、
ひどく寂寥としてくる。
Go The Heaven?

こんな寒い夜には、先月冬の雨の降りそぼる
淋しい夕暮れ時に聴いた歌を口ずさんでみる。
奥華子「東京さぼてん」
”ひとりじゃない、孤独じゃない、同じ土踏みしめてるから
乾いているアスファルトに足つけて、サボテンのように~”
冬空の下に、きりっと立つさぼてんの姿に励まされる感じ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.15

センター試験期間中の天気予報

センター試験期間中の天気予報が、発表されたらしい。関東は雪。
私が受けた時も雪だったなあ、とふと遠い目。
受験生のみなさん、自分の夢に向かってがんばれっ!
で、浜崎奈津子「ガンバレ!」を聴く。
”「ガンバレ!」の声があるから 歩き続けるのかもしれない~”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苺、買っちゃったよ

スーパーで閉店前の見切り半額の苺を
買っちゃいました。ふふふ。
苺を目の前にすると、ぱっと華やか、というか、
幸せな気分になれる果物だと、思う。
苺を、こながやひろみ「あいのしずく」と
とちもとくみこ「苺」を聴きながら、食す。
なぜって?この2人で歌った「苺」が印象的だったから・・・。
”もっと痛いぐらいキスしてよ~、さっき苺食べてたときみたく~”
PICT0058s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼休みはコンサート

昼食後、近くでやってた神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサートを楽しむ。なかなか気持ち良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.14

ライブ行きそびれ

今日は長谷川都さん、か、VIKIさんのライブに行こうかと思ったが仕事が長引き、退社が八時過ぎ。なんとなく行きそびれる。うーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

し放題となると

タクシーの運ちゃんの話。 3時間打ち放題のゴルフの打ちっぱなしに行ったそうな。自動的に球がセットされるタイプで、打ち放題、頑張って850球も打ったとのこと。おかげで腰が痛いらしい。 人間、し放題となるとついついたくさんやりたくなるなるが、やりすぎには注意。私の場合はADSLインターネットし放題にしてから、ついつい長時間やってしまう。なんか使わないともったいないきがして。気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンチでした

会社のお昼休み、自転車屋に行って
自転車をパンク修理に出す。見てもらったら、
後輪のスポークが3本も折れている、とのこと。
せっかくなので、直してもらうことにし、
自転車のカギをつけて、夕方引き取ることにした。

夕方、6時そろそろ帰ろうかと思ったところに電話!
問い合わせの電話でした。急ぎらしい。なので、
資料を引っ張り出していろいろ調べたりして
結局会社を出たのは7時でした。

急いで自転車屋に向かうが、すてにシャッターが
降りている。早!まあ、明日引き取ればいいかーと
バスに乗って、自宅玄関前に帰ってきた。

ところが、家のカギがない!あれっ、と思ったら、
自転車のカギと一緒に家のカギをつけたままだった。
ピンチ。このままではどこかに一泊せにゃいかん!
慌てて電話する。あの自転車屋、裏手が民家だったような・・。
ぷるるるる、ぷるるるる、無情な呼び出し音が続く。
10回ぐらいコールして、誰かが出た!
”あの~、お昼に自転車の修理をお願いしたものなんですが、
自転車を引き取りたいのですが・・・”(祈る思いで)
”事情は分かりますが、何かあったらいけないから、
営業時間外の引き取りはお断りしているんですよ”
”でも、その自転車には家のカギが付いているんです。
なんとか家のカギだけでも引き取らせていただけませんかねー”
”それは大変ですねー。でも、私が勝手に引き渡すと
店主に怒られてしまうんですよ。ちょっとムリということで”
電話が切られそうになるのをなんとか押しとどめて
交渉すること約5分。”では、店主の携帯に電話してみます”
ほっ、なんとかなりそうだ。急いで自転車屋の前に向かう。
10分後、再度電話する。”店主に確認ができました。
自転車を引き取ってもらってもいいって!”
こうして無事家のカギを受け取り、帰宅できましたとさ。
めでたしめでたし。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原でMobileマシンを物色

最近ノートPCを持ち歩くのが重くてかさばって
いい加減うんざりしてきました。なので、
Mobileマシンを買おうかな、と思ってます。
オススメのマシンとか、ありますか?
大きさはA5サイズぐらい、リブレットサイズで、
小さくてもキーボード入力が出来るもの。
PHS 64Kに接続可能で、メール・インターネットが
出来れば十分という程度のスペックであること。
が希望です。といったところで、秋葉原へ行く。

意外にも↑のようなマシンの選択肢は少ない。
HPのJornadaか、docomoのsigmarionか、ぐらい。
sigmarionが4万前後だったら買おう!と思っていたのだが、
秋葉原は店の閉まるのが早!6、7時には終わっちゃうんだね。
結局買わず。次の土曜日にまた来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥華子さんのライブに行く

昨夜遅くというか、今朝方に寝たので、
起きたら11時半だった。すでに半日出遅れてる。(苦笑)

Vikiさんのライブの招待券当たっていたら四谷まで
行ったろうが、券のない私は、ぐだぐたして過ごす。
※聴くところによると、券がなくてもまぎれこんだ
 人もいらっしゃったようで。行けばよかったかな?

結局家を出たのは14時半ごろ。お昼を途中でとったりして
奥華子さんのイベントライブ会場・亀戸サンストリートに
着いたのは16時15分でした。いつもの2階に位置取り。

奥華子さんのライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年2月 »