« hanae*「小学生日記」を読み始める。 | トップページ | 解約を申し込む »

2004.04.15

熊木杏里「今は昔」

桜前線、北上中。この時期の東北の旅は見事だ。
新幹線で北上するうちに桜の風景がどんどん変化していくから。

昨年、この桜前線、北上中の東北を旅した。
目的は白神山地の春もみじと、弘前城の桜とを観るため。
まあ、弘前郊外の柏ショッピングセンターにも立ち寄ったのだが。
新幹線で北へ北へと向かいました。
仙台あたりではすっかり散っていた桜の花が、
岩手県に入るあたりから、花びらを残すようになり、
それが北に行くにつれどんどん花の量が増えていって、
盛岡に着いたときは桜が満開でした。
お城の桜がきれいでした。
その1時間ぐらいの間の桜の風景の変化ぶりに感動。
いやはや、新幹線は早い!

それを見て思い浮かんだのは、
熊木杏里「今は昔」という歌。
”時は偉大な魔法使い、止めて、巻き戻して~”
時は巻き戻せない、が、季節は巻き戻せる。
新幹線に乗って北上するだけでいい。
時が偉大な魔法使いなら、季節は小粋な玉手箱。
なぜなら、横浜に戻ってきたならば、
季節は早送りで先に進んでいたから。
と、思いました。こんなことを思わせる
「今は昔」の詩の世界観、いいですね・・・。

|

« hanae*「小学生日記」を読み始める。 | トップページ | 解約を申し込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13755/446202

この記事へのトラックバック一覧です: 熊木杏里「今は昔」:

« hanae*「小学生日記」を読み始める。 | トップページ | 解約を申し込む »