« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

風がすり抜けてく

台風が南の海上にあったらしい。
玄関のドアとベランダの窓とを開けた。
部屋の中、風がすり抜けてく。
窓の外はどんよりした曇り空。
夏らしからぬ、少し寂しい空。

”寂た空を風がすり抜けて、
雨朝顔、揺れていた~”で始まる
大木彩乃「夢をみるヒト」を聴いた。
しっとり、よい感じ。

結局、今日は一歩も外に出なかった。
CDをただひたすら聴いた日。

ちなみに選曲は以下の通り。
大木彩乃「夢をみるヒト」
皆谷尚美「うたうたいのたましい」
浜崎奈津子「ながれる川のように」他
福井静「哀しみのメモリー」
竹上久美子「ヒノヒカリ」

そんな感じで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.30

ハモる

湯引きハモを食する。涼しげ、あっさり、うまい。
関西では、ハモを食することをハモるって
言うんだよ、って言ったら、関東の人は
信じてくれるのだろうか?
大阪に引っ越してきて驚いたことの1つ、
普通のスーパーでハモを売っていること。
関西以外では売っているのを見たことがない。
いいやん、関西。今日は、お仕事がんばった
自分へのご褒美に、ちょっぴりリッチなハモ、
でした。ではでは。
hamo.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.29

大塚利恵「笑わせてあげる」

2日前だが、職場の気になる女性と
朝の入社時に、同じエレベーターに
なった。赤紫のニットが夏の元気を
演出してる。でも、表情は暑さで
少々お疲れさん?ってところ。
あぁ、彼女が活き活きするように、
ただの同じ職場の人・僕が、彼女を
笑わせてあげることができたらなあ。

”笑わせてあげる、どんな時も
優しさじゃなくて、思いやりじゃなくて~”
大塚利恵「笑わせてあげる」を聴こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.28

伊藤サチコ「僕の場所」

日曜に買って、今週はよく聴いている。
前半は、真っ向勝負、いっぱいいっぱいの
パワーを感じる曲が繰り出される。
1stアルバムのキワモノ?的な作りとは違う。
テーマは、やっぱり、音楽への感謝、だろうか。
後半は、やや力を抜いて、徐々にクールダウン
していく感じ。その中で、ポップな「夕陽ありがとう」が
ちょっぴり異色。全体としては、今の伊藤サチコさんが
よく表現されているアルバムじゃないかな、と思う。
8/29(日)の名古屋でのライブがとても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.27

"ACOUSTIC ASSENBLE"に行く

女性ヴォーカルばかり4組の
ライブイベントに行ってみた。
心斎橋のFANJというライブハウス。

優呼(Vo,Gt)
01.見えない鏡
02.ブラックドレス
03.レンズ
04.Change my mind
強く歌っているが、やや重みがない歌い。
ひたむきさは伝わってくるが、
荒削りな感がしないでもない。

Jeyrecollage (沙姫(Vo)、KOHJI(Gt))
01.no need
02.バスタブ
03.4月の雨
04.祈り華
05.暮れない太陽と蒼い月
ちょっとビジュアル系?
アコースティックよりバンドの方が
ふさわしい感じ。
http://sound.jp/jeyrecollge/

藤田佳子(Vo)、T-show(Gt)
01.?
02.ヤワラカイハナビラ
03.冷たくしないで
04.あの頃の風に逢いたくて
05.cry into the love
06.shooting star
甘い声で、歌のお姉さん的な歌い。
MCはアナウンサーみたいなはきはきさ、
バラエティっぽく感じる。
http://www.yokkof.jp/

Amie(Vo,Gt)、松岡先生(Gt)
01.”目覚めた時は~”
02.ごめんね
03.”この空がどこまで続くのか?~”
04.”街中が輝いている12月~”
05.”やる前から無理って言いたそう~”
06.ヒカリ
しっかりした歌いで、歌の持つ魂みたいなのが、
伝わってきます。ベタベタな恋愛の歌よりも、
自分の中で葛藤しているような、人生の歌を
歌うところも好印象。4組の中で一番の聴き応え。
なぜか、前原あや子さんを思い浮かべる。
ちょくちょくライブに通うことになりそう。
次回のライブ
・2004/08/01(日)
”ファンキーThe夏祭り2004”
@住之江公園ドンキホーテ屋上(出番19:00)
 無料
・2004/09/11(土)
”住之江ユースライブコンサート”
@南港ATC樹氷の噴水前広場(出番20:20)
 無料
---両方とも無料で、ウチの近所だ!行こうっと。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=AmieGoGo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.26

ぼぉ~とする

「何を思ったか、ロフトベッドの真下
 で、思いっきりジャンプしてしまった。
 もちろん、激突。激痛。」
ピアノ弾き語りの竹上久美子さんの日記。(7月25日(日)分)
[ http://www5f.biglobe.ne.jp/~takegami-kumiko/diary.html ] より
面白すぎです。こういうことを
ぜひライブのMCで話して欲しいです。

↑の話を読みながら、なぜか、ふと思い出したのが、
奥華子さんのライブのMC。(2002/06/14(金))
「ぼぉ~としているんですよ、最近。
 デパートでお手洗いに行って、男の人の声が聞こえてきて、
 ”この便器、低いよな”って、話している。あれっと思ったら、
 そこが男子便だったことに気がついたんですよ。
 (人の気配がなくなるまで)30分はトイレに閉じこもってました。」

かく言う私もぼぉ~とした1日だった。
地面にしっかり足付けて、さぼてんのように
という実感がまるで湧かなかった。
早く寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.25

あべの橋へ行く

バスに乗って、あべの橋へ初めて行く。
なんとJR天王寺駅前であった。知らんかった。

阿倍野HOOPへ向かう。ここでMusicTVのイベント。
天候曇り、小さな雨粒がぽつりぽつり。
ステージ上にテント屋根。

15:00~
真依子(Vo,Koto)、Gtのサポート
01.”薄紅色のほおしたあの娘~”
02.紅挿し指
03.お休みの数え歌
日本の伝統楽器『koto』の弾き語り。
ヘッドホンマイク姿でちょっぴり異色。
楽しく清々しく聴けるが、どこか、
学校の音楽の時間のような雰囲気。
http://www.maiko-net.com/

パチャンガ
女性Voのバンド。Vo以外の方の言動が面白かった。
http://papat.jp/j/pacha.jsp

植村花菜(Vo,Gt)
01.”ふたりで一緒に見ること~”
02.虹色の風
03.トゲと花
1曲目は、声がやや重く苦しそう。
MC:前に来て欲しいけど、濡れるから気をつけて。
(※早口でいっぱいいっぱいな感じ)
2曲目は幼い感じでふんわりと歌う。
(ここで、Keyに移動)
3曲目はトントロトロロンとした音で曲が流れてく。
人に聴いてもらえることが嬉しい様子。
ポエトリーリーディングとか似合いそうな感じ。
http://www.h5.dion.ne.jp/~funkey/

ここでチャンピオンを選ぶ投票。
次のステージまでは時間があり、
天王寺MIOの新星堂へ向かう。
ここで伊藤サチコ「僕の場所」(アルバム)を
購入。ハンコをついてもらう。サチ本ゲットできるぞ。
それにしても・・・、新星堂・天王寺MIO店、
店頭に置いてないのはなんでやねん。もうー、プンプン。

雨も上がり、テント屋根がとっぱらわれてた。

17:30~
パチャンガ
夏の夜にぴったりの情熱的な歌いで。

植村花菜
01.トゲと花
02.”時が刻む音チクタク~”
03.優しさに包まれたなら(カバー)
1曲目は軽やかに。Keyで。
2曲目はポップで楽しい感じ。
3曲目は悠々と歌う。最後は泣き出しました。
”こうして人に聴いてもらえることに、感極まりまして。”
(グスン、グスン)

真依子
01.紅挿し指
02.ホロホロホタル
03.コノ花ノ咲クヤ
MCで、”天神祭りの日に来れてうれしい”と話してた。
琴の音色は夏のお祭りに似合いますね。

サプライズゲストは、我那覇美奈さん。
隣の近鉄百貨店のHMVでインストアライブがあったから、
そのついで、でしょうか?さすがのステージ。

我那覇美奈(Vo)
01.8月の風
02.月のしずく

で、チャンピオンは、
パチャンガ
で、決定!だった。

再びJR天王寺駅へ。どうも新宿駅の南口、東口の
雰囲気に似ていると思う。JRで難波に行き、
ビックカメラで、エアコンを見た。そして帰った。
そんな一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.24

杉本あやみさんのライブに行く

先月、アサガオを解散し、杉本あやみとして
ソロ活動を始めた、そのライブに
行ってきました。場所は長堀橋ベーニャ。
お気楽な音楽空間が心地よい場所。
月夜さんpresentsの”唄い続ける人たち
Vol.2 ”というイベントでした。

杉本あやみ(Vo,Gt)
01.ユラユラユニバース
02.”田舎の匂い、軽やかに~”
03.君のスマイル
04.”君を見上げていた私に~”
05.OK
さらさら、さっぱりとした歌いで、
爽やか~でした。

ゆっぺ(Vo,Gt)
男性ギター弾き語り。

ペーニャ大作(Vo,Gt)
歌い続けて、テーマは愛、とのこと。
語ってました。

月夜(Vo,Gt)
01.あなたのために
02.丘を越えて
03.砂漠の月夜
04.月夜
どっしりとした歌いで。

最後に全員でセッション。
・歌い続ける人たちのテーマソング

私、Tシャツに短パン、ツッカケという
楽な装いで行ったけど、全然違和感なく
ライブを楽しめた。いい空間だ。ベーニャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

Earth~地球(ほし)~

Vo+keyの女性デュオ・Earthを見に、
寝屋川cross roadに行こうかと計画してたが、
そのライブの日(8月8日(日))は
私の旅の途中かなあ。行けなさそう。

なので、少しだけプロモーション。
公式Homepage↓で、
http://p46.aaacafe.ne.jp/%7Eearth/
試聴できます。「Earth~地球(ほし)~」。
実力ありそうなヴォーカルですね。
先日ライブ見てきた、aporon(アポロン)の
ライバル兼親友だそうです。ふむふむ。

[ma]、The Betty あたりの路線だといいな。
って、どんな路線なんだろう。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

大塚利恵「イレイサー」

会社のクルマに傷を入れてしまった。
ハンドル切りながらバックしてたら
前方右側を擦ってしまった。
あぁ、クルマの傷を消してしまいたい。
擦った時の鈍い音の記憶を消したい。
失敗した今日という日を消して・・・。

”消しゴムになったら 何を消そうか
嫌な記憶を みんな消そうか”という
歌詞から始まる、ちょっとジャジーな
大塚利恵「イレイサー」を聴こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.21

夏の旅の計画は楽し

本日、8月6日(金)の休暇届を提出。
金土日で夏の旅の計画してみよう。
8月6日(金)は四国の徳島に行こう。
阿波踊り1週間前、踊りの練習風景が見れそう。
翌朝、徳島を出発して、松山、八幡浜と
四国の上半分を通り、フェリーで九州へ。
そして、南下して都城まで行こう。
8月8日(日)は、宮崎観光かなあ。
夕方に九州を立つフェリーに乗って、
月曜の朝、戻ってくる。こういろいろ
考えていると、楽しいね。
バスと電車と船の旅。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

夏、本番です

中高校生は夏休みに入ったのカナ?
青春18きっぷは今日から使用できるし。
夏、本番です、って感じ。

私は夏休みを9月に取得予定。旅に出る。
で、私の夏のライブ鑑賞予定は?っていうと、

8月6日(金)皆谷尚美@徳島・しんまち劇場707
8月22日(日)竹上久美子@ヤマハミュージック大阪 心斎橋店
8月29日(日)拝郷メイコ / 伊藤サチコ / 長谷川都 / 宇井かおり@名古屋 クラブクアトロ

が、ほぼ確定。
後は、浜崎奈津子さん、2daysには行ってみたいな。
7/31&8/1、または、8/7&8/8。もちろん、船に乗ってね。

それから、福井静さん、アレンジャーのHPに書かれてる
”今夏、福井 静 2ndシングル発売予定 東京でのライブも今夏予定。”
も、気になるところ。灰の降る夏の鹿児島市内ではさすがにやらないか・・・。

7月の東京遠征は25日を予定してたけど、取り止め。
Minori(前野みのり)@四谷Comfortが目当てだったんだけど、
出演不可能になったとのことで、残念。

そんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.19

東大阪市をさらっと訪れてみた

奈良に向かう近鉄電車に乗った。
東大阪市・近鉄ハーツという
ショッピングタウンが目的地だ。
http://www1.kcn.ne.jp/~k-hearts/
ここで、竹中麻実子さんを見る。

竹中麻実子(Vo)
[13:30]
01.虹をわたる羽
02.コイノウタ
03.joy to love
04.dear

[14:30]
01.コイノウタ
02.虹をわたる羽
03.joy to love
04.dear

しっかりした歌いで、一生懸命さは
伝わるが、いまひとつインパクトに欠ける。
癒し系ではないなあ。うん。
私好みではない声質でした。
http://www.ismusic.ne.jp/shigekazu_k/takenaka/

東大阪といって、ピンと来なかったが、
あの花園ラグビー場のある地らしい。
電車で石切に向かう。坂道を登り始めた時、
大きなスタンドが見えた。あそこがラグビー場だろう。
ラグビー、見てみたいな。あの花園で。
西に広がる大阪の街をしばし眺めて、帰路に着いた。
難波に戻って、自由軒でカレー食べた。
自宅に戻って、天保山花火を遠く見た。
そんな一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

舞子海上プロムナードへ行く

TsukikoLOVEさんを見に、舞子へJRで向かった。
海上プロムーナード、入場料300円。
なんか、こんな海上の足元ががらんどうな
場所でのライブというのも不思議な気分。

TsukikoLOVE(Vo)
01.?
02.魂を叫べ
03.もうアイシテルなんて言わないよ
04.candlelight
05.失恋カクテル
06.待つだけなんて
07.右腕
Homepageの画像から連想するイメージだと、
もっと甘い感じかなと思っていましたが、
大人の女性のたっぷり聴かせる感じ。
なぜか、NUUさんを思い浮かべる。
ただ、私好みではないかなあ。
http://www.tsukikolove.com/

ライブとしてはいまひとつながら、
観光としては明石海峡大橋の大きさを
実感でき、なかなか楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「熊木杏里の朝の夜ふかし」(北海道HBCラジオ)

4時の皆さん、どぅもぉ~。夏の時間ですね。
皆さんには聞こえますか、心の声が?
夏といっていいですかね、この時期は。
夏はなぁと思いをはせてみますと、夏といえば、
「少年時代」。”はぁちがつは夢花火~”。
”夢花火”のところが好きでですね、夏は花火。
中学生のとき、こう胸をなでていくような悲しい気持ちが
流れて、中学生のとき好きだった少年が、どっかへ
行ってしまう、転校したときにこれを聴いて泣きましたねぇ。
中学生なのに、「少年時代」を聴いて泣くのか?
(雑音で聞きとれず)
大人になりかけてくると、海とかを楽しむことがなくなって
きて、私より5つ年上のいとこがだんだん夏から遠ざかった
んですよ。ある日から突然海に行かなくなってしまって。
もう海には入らないのかな、と思ってしまいまして。
東京に来まして、夏は焼けるからヤダとか、汗をかいて
ダルいからとか、夏がとっても楽しいものでなくなって
きたのですけど、私の場合は。楽しくなってきた人も
いるんでしょうけど、なぜか私は遠ざかってしまいましてね、
昔はよかったな、と言っているぐらい、年もとってないのに。
(雑音で聞きとれず)
お祭りでですね、皆さんどうか知りませんけど、
夜店でカキ氷を食べるときに、私が”シロップはいらないよ”
っておばちゃんに言ったら、”えっ!”とびっくりされまして、
氷だけ2倍にしてもらったことがありました。というわけで、
皆さんの夏はどう迎えていくのでしょうか?

----------------------

大阪から聞いてみました。久しぶりに。
かなり聞きづらい。朝が早いですから。
昨年の7月は、北海道を旅してました。
今年はどうしようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.17

高みの見物かな?

うちの団地の祭りらしい。13階の部屋のベランダから
眺めてみる。中央に櫓、その周りに踊りの輪、様々な露店。
これぞ盆踊りって感じ。上から見渡せて気持ちがいい。
これって、高みの見物って言うのかな?分かりません。
takami.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

祇園祭を楽しむ

宵山です。今夜こそは正真正銘の。2日前と
比べて、かなりの賑わい。人人人の波。金曜の夜。
月鉾のとこから、”上がる”。狭い小路は一方通行
なのだが、なかなか進まない。暑い。それでも、
上がる程に、鉾もこじんまりとしてしてきて、
人も少なくなる。古き刺繍の展示物も見る。元々は
京都の若い職人さんに、伝統工芸の美しさを
見てもらい、目の肥やし、技術の向上のため
行われた祭りだと、職場の先輩から学んだ。
なるほど、刺繍の施された布は素晴らしい。
街を歩く人々の浴衣に、うちわをあおぐ姿が
日本の夏の粋ってものかな、と思ってみたり。
三条の通りまで来たら、次の筋に移り、
今度は”下がる”。下がるほどに人も多くなる。
コンチキカンという囃しの音色も楽しい。
いいですなあ、京都。うんうん。四条通りまで
戻ってきたら、東へ。そういえば、ありましのさんの
歌に「四条通り」があったことを思う。わたし的、
京都で思い浮かぶアーチスト、大木彩乃さん、
SHUUBIさん。ともにα-Staionの深夜番組で活躍。
それから、竹上久美子さん?ってところでしょうか。
家に帰ったら、大木彩乃「屋上遊園地」を聴いて
みよう。きっといい感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.15

熊木ぃ~

のびやかで凛とした三姉妹の物語、と帯に書かれてた
江國香織「思いわずらうことなく愉しく生きよ」を
読み始める。登場人物に、”熊木”さん。
思わず、反応してしまう。って、ここのblogに
”熊木”という検索キーワードで来た人は、
もしかして上記の小説を読まれた方なのかな?
ページ数約400頁。じっくり読めそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.14

祇園祭・宵山を楽しむ

14日から宵山とのこと。もう朝からワクワク。定時に退社し、おけいはんで四条に急ぐ。なんと、京都在住の、私の気になる女性と同じ電車に。もうドキドキしてしまう。祭について聞いてみる。”明日の宵々山、明後日の宵山の方が賑やかですよ”とのこと。今日はまだ早かったか。でも行く。四条通りはホコ天。見えてきたー、鉾
。長刀鉾。おおっ、天高い。雅楽の奏で、優美で洗練されている。秋田の竿灯祭り、青森のねぶたが、動ならば、京都の祇園祭りは、静。いくつか鉾を見て、京都の夏を満喫。心地よい疲れとともに家路を急いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.13

ベランダリゾートだっちゃ!

夏のグッズその2、Beach Chairを買った。
早速、ベランダに置いて、体を預ける。
ゆうらゆうらと、体が揺れる。
夜風が心地よく体を包む。
ささやかなリゾート気分。
P.S.だっちゃ!って・・・(謎)
beach_chair.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

カキ氷機を買った。

夏のグッズ、カキ氷機を買った。
近くの安売り店で見つけたカキ氷機、
300円だった。えっ、浜茶屋でカキ氷、
その値段じゃない?と思ったら、
気が付けば、レジの前まで持って来てた。
まぁいっかー。今年の夏はカキ氷三昧。
kakigohri.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

aporon(アポロン)のライブに行く

Vo+keyの女性デュオ・aporon(アポロン)を見に、
またまた寝屋川cross roadにやってきました。
”TEEN’S MUSIC FESTIVAL2004 歌バトルBEST3の実力派!”
とのことで、少しだけ期待。

aporon(アポロン)のライブレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラムネジャック、ライブに行く

中津ミノヤホールまで、
ラムネジャックというイベント?を見に行く。

鎌田純子(Vo)、サポートにGt
01.Music Life
02.Midnight Highway
03.赤い花
04.白昼夢
05.ムーンライトサーファー
06.”あなたがついた5回目のうそ~”
素直で、すっと入ってくる歌声。
[ma]のayaさん風。だけど、
いまひとつ個性がないというか、
普通にいいだけ、という感じ。
http://www.hamakko.or.jp/~usp/artisut.htm

友梨香(Vo,Key)
01.”冷たい心に~”
02.ワナビィ
03.懺悔
04.”真冬の雨の中~”
05.小さな願い
キーボード弾き語り。とびぬけて
いいと思える曲がなくて、平均的に
いいという感じ。なんか物足りない。

唄種(Vo)、サポートにGt
01.?
02.”初めから分かっていた~”
03.水晶
04.あなたの向こうへ
05.グッモーニン
06.お友達
明るく元気なキャラなのに、
歌うのは暗い感じの曲が多い。
唯一明るい【グッモーニン】が
一番似合っていたような。わたし的には
かわいらしいMCの話し方が苦手。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~utatane/

ラムネジャック(鎌田純子(Vo)、友梨香(Vo)、唄種(Vo)、Gt2人)
01.スプール
02.Happy Happy Song -恋の歌-
03.”いつも刻む雨音が~”
04.ラムネジャック(?)
最後に3人揃って歌う。
鎌田純子さんの歌声が一番好み、かなあ。

ということで、悪くはないけど、何か物足りない
日曜のお昼のライブは終わっていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙券がない

参加することに意義がある選挙の日。だが、引越をしてまだ3ヵ月経っていない私には、選挙券が来なかった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優雅な朝食

サクサクなクロワッサン、と、クリーミーなブリーチーズ。
この2つさえあれば、何もいらない。優雅な朝食。
先日買ったブリーチーズ、少しづつ食べてる。うまい。
熊木杏里「殺風景」を聴きながら、日曜の朝のワンシーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.10

だらだらと過ごす

午後から晴れてきた。雨上がりで過ごしやすく爽やか。
こんな休日の午後は、皆谷尚美「うたうたいのたましい」
を聴く。気分がすっとしてくる。いい感じ。
夕方にうたたね。気が付くと、夜だった。だらだらとしてる。
こんな休日の夜は、大木彩乃「幻の魚」
を聴く。気分がしっとりとしてくる。いい感じ。

上記、2人のそれぞれのライブが、私の好きな場所
南青山MANDALAであります。オススメです。
7月27日(火) 皆谷尚美@南青山MANDALA(19:00)
8月10日(火) 大木彩乃@南青山MANDALA(19:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマータイム試行10日・札幌

サマータイム試行10日・札幌
昨年の7月第一週、日本の北の果て、礼文島を旅した。
スコトン岬近くの宿に泊まった。日の出を見たのは、なんと3時50分。
いやはや、北海道の夏の一日は長いんだー、と実感。

その北海道の札幌市でサマータイム実験が行われているらしい。
この早い日の出を活かす、という目的はいいと思う。だが、だから、
サマータイムを導入する、というのは、どうかと思う。
標準時間との時差まで設けて、わざわざやる必要があるのかと。

この早い日の出を活かす、のであれば、時計を変えるのではなく、
社会のシステムを日の出にあわせるべきだと、思う。
国の行政機関が、6月1日~9月末は、始業8時終業16時、
それ以外は、始業9時終業17時、にすれば、民間も追従するだろう。

6月1日~9月末というのは、衣替えの季節と一致する。
そんなに違和感はないのではなかろうか。
公共交通の時刻表が2種類必要というのが難点だが、
サマータイムの何時か?で混乱するよりはマシだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平岩英子「nudy camera」

連日の猛暑も一休みの雨の朝、
すごしやすい、この気候に合いそうな
CDは何かな、と考えて出てきたのは、
平岩英子「nudy camera」だった。
M2.プールへ行こう、M3:月とヴァイオリン
M4:LaMer といった曲たちが、
夏の雨の匂いとぴったりな気がした。
うん、何度も何度も聴いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.09

赤裸々な日記

”赤裸々に書いてますね。○○さん(私)の日々の行動が
すべて分かるじゃないですか?”と、このblogを見た方から
言われた。うーむ、確かに。

このblog、私のプライベートな部分をさらけだしてるな、と思う。
しかも、夜に文章を書くことも多く、その文章を日中読んだら、
あっーなんでこんなこと書いたんだろう、サクジョしたいー、
と思うこともある。(でも、サクジョしないのだが。)

日々書き散らすことに、自己満足しているのかも。
でも、自己満足でやっているコトが、他人に対して
何らかの影響をもった時、それはそれで、
書くことの意義があると思う。このblogを見て、
鹿児島の焼酎バーに行かれた方、とか、
オススメのアーチストのライブに行かれた方、とか、
いるということ、私にとっては励みになります。

ある女性アーチストのつぶやき、
”最近、あるライブハウスの方に、「Aさんの表現は、
極めてプライベートな所から出発しているように感じる」と
指摘されました。が、きっとそれはこういう所
(自分の中での感情のモヤモヤから創作が始まって、
それがいかに個人的なこととわかってても、
さらけ出してしまう)なんでしょうね。別の人には、
他人の○ナニ-見てるのに近い感覚がある
(夜中だから書いてますが、明日になったら削除対象です・笑)
とも言われました。MCでいちいち正直にそん時の気持ちとか
語るから余計にそう思われるんやろうな。 ”
を見て、なんとなく思ったこと、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

すだちとBrieと私

代田幸子さんを見に、梅田ハードレインに向かう。
が、仕事が長引き、到着が20時15分過ぎ、
すでに終わっていた。残念。里帰りライブなのに。
近くの「なか卯」で、厳選徳島産すだちおろしうどん、
を食す。さっぱりした食味がおいしい。いい感じ。
梅田の地下街の成城石井にて、徳島産のすだちを使った
「徳島のぽん酢」という商品を購入。ラベルに惹かれて。
チーズ売り場で、ブリーチーズ(180g)590円に目が行く。
フランス直輸入なのに値段がお手ごろ。買ってしまう。
Paturages Brie(パチュラージュブリー)。ラベルが爽やか。
今夜はBrieとともにビールで、自分におつかれさん。
Ponzu.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事務所に戻った時に

着替えて帰る、あの人に会った。書類を抱えて、両手の塞がった私を見て、”エレベーターのボタンを押しましょうか?”と、気遣ってくれた。私ひとりでも大丈夫だったけど、”お願いします”と頼んだ。あぁ、君の笑顔は私の元気の源だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の左側

クルマが最近、欲しいなあ、と思う。仕事で毎日
クルマに乗るようになったからかな。理由、
1)神戸方面には電車だと一回梅田まで出るから時間がかかる。
2)和歌山方面の近くの南海、JRへの横の交通機関がない。
3)終電が意外と早い。京都で22時40分。神戸で23時。
そんなことを人に話していたら、課長から
”こうたらええがな”と、言われる。先輩から
”なんで買わないんですか?便利ですよ。
彼女の送り迎えとか”と、言われる。
うーん。まず、どんなクルマを買いたいのか、
自分で分からない。次に、私のクルマに乗って
くれそうなヒト、いないんですけど・・・・。
私のクルマの助手席は空席、つまり、
私の左側は空いたまま、だろう。
今夜は奥華子「私の右側」を聴いてみよう。
この歌の”私”は女の子の側の視点だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.06

伊藤サチコ「僕の場所」

315円、新星堂限定販売のシングル
伊藤サチコ「僕の場所」を聴く。

まず、僕という一人称は好きだ。
ちょっと大人になりきれていないイメージとか。
”こないだ行った資料館”というのは、
広島の原爆資料館だって、いつかのライブで
話してた。あの展示物には、ただただ
圧倒されたことを思い出す。
”僕は何を残す?僕は何を叫ぶ?”
ストレートに伝わってくる熱い思い。
自分の存在意義を考えさせられる。
私は、・・・、このしょうもないblogに
思ったこと、感じたことを、残す、叫ぶ
といったところ、かなあ。

そんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥華子さん応援サイト「華~はな」

奥華子さん応援サイト「華~はな」
という奥さんのファンサイトが立ち上がったみたいです。
管理人の1人つんしゃんさんは、奥華子さんをきっちり応援してる、
信頼できる方なので、盛り上がって欲しいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.05

こんなんじゃ、だめだ

今日も気になる、あの女性と
朝のエレベーターが一緒になった。
黒の生地に、スズランの絵柄。
シックな感じ。傘を手にしてた。
”出るときに、雨降ってました?”
”天気予報で、降るって言ってたから”
あっー、なんてしょうもない会話なんだ。
こんなんじゃ、だめだ。

仕事で、役所に行き、輸入商品の
説明をする。が、質問に答えられなくて、
その度に、事務所に連絡する始末。
さすがに、呆れられて、”もう、君には
聞かない。直接詳しい人に聞くから。
代理で来ているのなら、もっとしっかり
せんかい。”と、注意された。
こんなんじゃ、だめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャ、初優勝

ユーロ2004、ギリシャ、初優勝にて終演。
華がないなぁ。でも、実力があったってことだね。
得意先での優勝予想、ポルトガルに1人、
ギリシャはいない、って聞いたけど、
そのポルトガルを予想した人、
今、がっくりしてるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

伊藤サチコさんのライブに行く

「初夏の歌声」アウトレットモールツアー・最終日、
ここ大阪鶴見はなぽーとブラッサムにやって来ました。

01.カレンダー
02.嫌いになってください
03.宿題
04.赤い魚
05.僕の場所

”いつもと同じ~”と、1曲目【カレンダー】。私の好きな曲だが、
ややガラガラ声気味。気持ちは入っているが、ややガンバりすぎか?
MC:アウトレットモールツアー、最終日。千葉から、三重、横浜、神戸と
  回ってきた。最終日なのでがんばって歌って帰りたい。
  普段はライブハウスで歌っているので、こうした昼間のショッピング
  モールでのライブというのも、いろいろ勉強になる。
2曲目【嫌いになってください】。いい具合の力の抜け加減で。
次に【宿題】。いっぱいいっぱいな感じで、ガンガンと。
そして、アルバムにも入る【赤い魚】。ゆるやかに歌っていきます。
最後に【僕の場所】。思い残すことなく、しっかりと歌ってました。

屋根のある球場のようなステージで、昨日よりだいぶん楽に、
伊藤サチコさん、歌えたのではないでしょうか?段々になった客席から
見下ろす形で、聴きやすいというか、臨場感がありました。
ショッピングモールだけに、いろんなアナウンス等ありましたが、
そんな中、50人以上は聞き入っていたのではないでしょうか?
ご苦労さんです、そして、関西に来てくれて、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.03

おのまきこさんのライブに行く

阪急電車で、塚口へ向かう。ブラントンにて、
おのまきこ(ex花*花)さんのライブ、楽しみでした。

お客の期待感があってか、会場は静まり返って
います。”もっと、気楽でええよ”とおのさん。
カヴァーライブでした。アンコールの
「空の青」を除いて。でも、こうして
また歌ってもらえるようになったことは、
よきことかな。うれしいです。

詳細なライブレポートは後ほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇井かおりさんのライブに行く

最後は宇井かおりさん(from名古屋)。
17時スタート。まだ日が残ってて暑い。

01.(カーペンターズのメドレー)
02.”彼女は裸にならなくてもいい~”
03.夕暮れの星
04.ふたり
05.なだそうそう(カバー)
大人の女性の魅力たっぷりに、
ゆうゆうと歌ってました。

ライブ終了後、私は敷地内の
さかなの学校へ行った。
長谷川都さんのサインがあった。
って、某blogに載った写真で知っていた
ので、それを確認しただけなのだが。↓
http://blog.melma.com/00111404/20040327232845

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤サチコさんのライブに行く

ようこそ関西へ。続きましては、伊藤サチコさん。
15時スタート。ピーカンで、直射日光がまだ暑い。

01.Music Life
02.宿題
03.心の扉
04.赤い魚
05.僕の場所

1曲目【Music Life】。すらりとした入りから、
音楽への気持ちがどんどん大きくなっていくよう。
日差しに負けない、感謝の詰まった1曲でした。
MC:悲しいことが悲しいと感じなくなるのが、悲しい。
次に【宿題】。サビで、”きゃんそ~ぶん”と聞こえた
のが何故か記憶に残る。やや高止まりな声で、
力入りすぎかも。次に【心の扉】。ゆらゆらした入りから
だんだんと。続いて、「永遠の愛を歌った」との説明の
【赤い魚】。ここまで、ややセットリストの曲調が一辺倒の
ような気がしないでもない。最後に【僕の場所】。
ややがんばりすぎて、ややお疲れさまモードか、なあ。

拝郷メイコさんの時より、やや過ごしやすいものの、
やっぱり暑い!歌い手の伊藤サチコさんは正面から
直射日光だし、聴き手の観客は背中いっぱいに直射日光。
両者たいへんな中、その一生懸命歌っている姿、
応援して聴き入っている姿が印象的でした。
がんばり、というか、歌への思いはしっかりと伝わったので
ないかと思います。1年前まで、Kiss-FMで番組を持っていた
そうで、久々の神戸、とっても楽しそうでした。
その番組のファンだった方も来られていて、感激してましたね。
明日も伊藤サチコさん、行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝郷メイコさんのライブに行く

ようこそ関西へ。拝郷メイコさんが神戸のショッピング
モールでフリーライブ。楽しみにやってきました。
13時スタート。ピーカンで、直射日光が暑い暑い。

01.やさしいちから
02.ホーム
03.ソイトゲヨウ
04.メロディ
”今、こころに生まれた~”と1曲目【やさしいちから】。
スローでささやくような入り方。後半に向かってやや苦しそう。
もう少ししなやかさが欲しい気分。次に、手拍子の中、
【ホーム】。声を押し出すように歌います。やや平凡な感じ。
(ここで、「もしも私がお母さんになったら」と少し歌います。)
3曲目【ソイトゲヨウ】。ガサガサした感じで。サビのぐっと
聴かせるパートの伸びようがいまひとつ。
最後に【メロディ】。悪いなりに強く歌っていました。

とにかく暑くて、聴き手の私・自身、脳みそが沸騰しそうな
感じで、じっくりと集中して聴くことができませんでした。
そのせいか、いまひとつ、メイコさんのしっとりとした
やさしい歌を聴けなかったような。それとも、一部ファンの
方が言っているように、メイコさん自身、不調なのかも
しれません。さて、明日は大阪だけど、どうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

CDをゆったりと聴く

ライブ行って楽しみ、そのレポートを書く、日々もいい。
でも、今週はライブに行かず、レポートも書かず、
家でCDをゆったりと聴く。そんな一週間。
滋賀~三重~東京の旅で買ったCDがたくさんある。
SHUUBI「Free」、「Set Me Free」。いっぱいいっぱいな
彼女らしさがあふれたアルバム。パワーを与えられる感じ。
皆谷尚美「うたうたいのたましい」。始まりと終わりが楽しい。
はぁ~い、皆谷尚美劇場が始まりますよ~、
はぁ~い、皆谷尚美劇場はおしまいおしまい、
みたいな感じ。もちろん、その間の歌たちもいい。
コヤマナオコ「てのひら」。シンプルなピアノ一本弾き語りで、
自分に向き合う、そんな気にさせる1枚。
代田幸子「あしたの雨」「彼の夢とランブータン」。
美しい歌声には聞き惚れるが、やや大人しすぎな気もする。
奥華子「小さな星」「涙の色」「私の右側」「愛されていたい」。
甘く包み込むような彼女の歌声はやはり心地よい。
長谷川都「愛ゆらら」まあまあ、ゆったりしましょ!みたいな
雰囲気がいい。最後にSHUUBI「Set Me Free」DVD。
京都の町を、自転車タクシーで回りながら、思いを語ってます。
よく晴れた、夏の鴨川でアカペラで歌う「秘密の蜜」がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.01

今日は飲み会

昨日に続き、いろいろあった。
先輩に助けられた1日。
課長が私と先輩とを誘い、
ささやかに飲み会。

皆谷尚美1stアルバム「うたうたいのたましい」を
酔い頭にぼんやりと、今夜も聴こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »