« 平岩英子「nudy camera」 | トップページ | だらだらと過ごす »

2004.07.10

サマータイム試行10日・札幌

サマータイム試行10日・札幌
昨年の7月第一週、日本の北の果て、礼文島を旅した。
スコトン岬近くの宿に泊まった。日の出を見たのは、なんと3時50分。
いやはや、北海道の夏の一日は長いんだー、と実感。

その北海道の札幌市でサマータイム実験が行われているらしい。
この早い日の出を活かす、という目的はいいと思う。だが、だから、
サマータイムを導入する、というのは、どうかと思う。
標準時間との時差まで設けて、わざわざやる必要があるのかと。

この早い日の出を活かす、のであれば、時計を変えるのではなく、
社会のシステムを日の出にあわせるべきだと、思う。
国の行政機関が、6月1日~9月末は、始業8時終業16時、
それ以外は、始業9時終業17時、にすれば、民間も追従するだろう。

6月1日~9月末というのは、衣替えの季節と一致する。
そんなに違和感はないのではなかろうか。
公共交通の時刻表が2種類必要というのが難点だが、
サマータイムの何時か?で混乱するよりはマシだろう。

|

« 平岩英子「nudy camera」 | トップページ | だらだらと過ごす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13755/942283

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム試行10日・札幌:

« 平岩英子「nudy camera」 | トップページ | だらだらと過ごす »