« 熊木ぃ~ | トップページ | 高みの見物かな? »

2004.07.16

祇園祭を楽しむ

宵山です。今夜こそは正真正銘の。2日前と
比べて、かなりの賑わい。人人人の波。金曜の夜。
月鉾のとこから、”上がる”。狭い小路は一方通行
なのだが、なかなか進まない。暑い。それでも、
上がる程に、鉾もこじんまりとしてしてきて、
人も少なくなる。古き刺繍の展示物も見る。元々は
京都の若い職人さんに、伝統工芸の美しさを
見てもらい、目の肥やし、技術の向上のため
行われた祭りだと、職場の先輩から学んだ。
なるほど、刺繍の施された布は素晴らしい。
街を歩く人々の浴衣に、うちわをあおぐ姿が
日本の夏の粋ってものかな、と思ってみたり。
三条の通りまで来たら、次の筋に移り、
今度は”下がる”。下がるほどに人も多くなる。
コンチキカンという囃しの音色も楽しい。
いいですなあ、京都。うんうん。四条通りまで
戻ってきたら、東へ。そういえば、ありましのさんの
歌に「四条通り」があったことを思う。わたし的、
京都で思い浮かぶアーチスト、大木彩乃さん、
SHUUBIさん。ともにα-Staionの深夜番組で活躍。
それから、竹上久美子さん?ってところでしょうか。
家に帰ったら、大木彩乃「屋上遊園地」を聴いて
みよう。きっといい感じ。

|

« 熊木ぃ~ | トップページ | 高みの見物かな? »

コメント

祇園祭。。。
 山鉾って、職人技術の結晶だと思います^^
 あるいは、京都という街が、
 古くからの国際文化ターミナル的存在であった証
 というか。
 
 鉾町を守ってきた町衆の誇りのようなものも
 感じ取ることができますよね。

 僕も京都人ですが、
 この時期は特に、京都らしさを感じさせてくれます。

 また、知ってるようで知らない京都の側面を
 見ることもできますよね。^^
 

投稿: CUBE(K5) | 2004.07.17 00:02

CUBE(K5)さん、書き込みありがとうございます。
町衆の誇り、職人技術を後世に伝えていこう
という姿勢に、感心してしまいました。
良いもの、美しいもの、を見て、私も何か
刺激を受けたような気さえ、します。
もっともっと京都を知りたいと思います。

CUBE(K5)さんのblogも拝見しました。
音楽をやっているようで。機会がありましたら、
ライブ聴きにいかせていただきますね。

投稿: kenboow | 2004.07.18 04:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13755/987099

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭を楽しむ:

« 熊木ぃ~ | トップページ | 高みの見物かな? »