« BOOK OFFで、中古CD買った。 | トップページ | 竹上久美子「午前5時」 »

2004.10.18

2004/10/13 (水) 大木彩乃@MAGICAL STREAM 『Yaeのnew Aeon』(その1)

(以下、A:大木彩乃、Y:Yae)
Y:フジモトマミさんのソロ、お祭りみたいなライブ
A:マミちゃん祭り
Y:東京のMANDALA-2で、初めてお会いして。
 すごい素敵でした。ピアノの弾き語りで
A:いえっ、そんなぁ。
Y:曲もすごくいいんですけど、そこでしっとりと
 歌われる彩乃さんの声もすごくあってて
A:とんでもないですぅ。
Y:初めから楽曲作りいていたのですか?
A:どちらかといえば、ソングライターの方に
 興味があって、中学から作り始めて
 自分の歌う条件は自分で作った曲という感じで始めました。
Y:元々音楽を小さいときからやっていたのですか?
A:小さい頃からピアノをやっていて。
 中学から音大の付属のところへ行って。
 少し変わった環境なので、曲作りに目覚めたのかも。
Y:クラッシクをやっていて、徐々にオリジナルの世界へ?
A:練習よりも自分で作ったものをやる方が楽しい。
Y:私も小学校の頃、ピアノを習わせられましたね。
A:小学校の頃って、習わされますよね。
Y:嫌で嫌で、クラッシク作品集1冊が出来たら、
 止めていい?って母親にきいたら、いいわよってことで、
 それから毎日毎日練習したんですよ。そしたら大好きに(笑)。
A:私の場合、煽てられて続けられたようなもので。
Y:アルバムを聴いたんですけど、すごく側にいる感じ。
 側にいてくれて自分を理解してくれて・・・。私のは遠いらしい。
A:Yaeさんみたいに、トラディショナルな、魂がふっと
 湧くような、入り込むような
Y:巫女っぽい?
A:私の場合、近い視野で物事を見て描くんですけど、
 Yaeさんの場合、目の前の物事でも広い世界の中でぽっと
 位置を決めて描ける人。空気に守られているような。
 もしかしたら、対称的なものを描ける人なのかも。
Y:7月に新しいユニットが誕生との事で
A:私がピアノ&ヴォーカルで、フジモトマミさんがベース、
 tomozuin hというエレクトロニスト
Y:なんだか悪者のような名前・・・
A:すごいやさしいやわらかい人なんですけど。
 その人をマミちゃんに紹介されて。絶対にあうからって。
 エレクトロな世界、混沌とした世界でピンと浮き立つような
 表現を目指していたところでしたから、もしかしたら
 あうかもね、ってことで近づき、あれっという間に
 磁石のように繋がってしまった。
Y:ユニット名はあるんですか?
A:ないんですよ。元々は笹野みちるさんの知り合いらしく
 この4人はいろんなところで繋がっている。因縁カルテット。
Y:その4人でデモ的なものを録ったんですよね?
A:そうなんですよ。前にα-Stationでお世話になっていたので
 京都でライブなんで、ちょっと助けて!ってメールを打ったら
 いろいろ手助けをしていただいて、これは新しい曲を準備しよう
 と、9月に入って1週間ぐらいで録ってデモマキシを作った。
Y:今日のために?
A:がんばりましたぁ。
Y:では、聴いてみようと思います。
[続く]

|

« BOOK OFFで、中古CD買った。 | トップページ | 竹上久美子「午前5時」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13755/1714201

この記事へのトラックバック一覧です: 2004/10/13 (水) 大木彩乃@MAGICAL STREAM 『Yaeのnew Aeon』(その1):

» 今日の一曲【Wa-Ya/yae】 [ムボスケ!]
今日はワールドミュージックを基調にした独自のスタイルをお持ちのボーカリスト?Yaeさんです。 ものすごい伸びやかに歌をうたっておられます <Mar... [続きを読む]

受信: 2005.02.21 14:57

» 地球派女性ボーカリスト「Yae」 [小さな幸せ]
先日、女性ボーカリスト「Yae」さんのライブを身に行ってきました。 !!!!!! [続きを読む]

受信: 2005.04.11 23:42

« BOOK OFFで、中古CD買った。 | トップページ | 竹上久美子「午前5時」 »