« 風の強い朝 | トップページ | 今朝も風の音 »

2004.11.27

村山由佳「天使の卵-エンジェルス・エッグ」を読んだ

浪人中・19の歩太と、精神科医・年上の春妃との
ピュアなラブストーリー。歩太は、父親の病気が
自分にも起こるかもと恐れたり、まだ働いてもいないからと、
ひけ目を感じたりする予備校生。一方の春妃は
最愛の夫を自殺で失い、もう愛することはしない、
という医者。お互いが自分を責める姿が切ない。

若い男と年上の女性との恋。なぜだか、
江國香織「東京タワー」と重なってきました。
村山由佳さんの小説、これからどんどん読んでいこう。

はぁ~、恋かぁ。リアルな恋愛から遠ざかってるな。
よし、ホンダ・ライフが納車されたら、
ある女性をデートに誘ってみよ。照れるけど。
”私の左側、空いてるんですけど”ってね。
奥華子「私の右側」をCDで聴いてて、そう思った。

|

« 風の強い朝 | トップページ | 今朝も風の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13755/2086678

この記事へのトラックバック一覧です: 村山由佳「天使の卵-エンジェルス・エッグ」を読んだ:

« 風の強い朝 | トップページ | 今朝も風の音 »